2013年5月15日水曜日

ハイパージュースから、iUSBport Hyper Drive 国内販売開始(既成概念への挑戦か?)



ハイパージュースが放った「ハイパーな」デバイス iUSBport(アイ・USB ポート)
遂に...日本でも発売になりました。




仲間が集まって、こんな状態の場合...





MacBook の手前に写っている私のポータブル HD(500 GB)には、写真、音楽、ムービーなどのコンテンツが入っています。


このコンテンツを共有したい...

MacBook につないで、みんなで寄り添って一緒に見る...?

「写真よりムービー見せてよ!」
「それよりこないだの曲聴かせてよ!」

あ〜・・・みんなわがままだ〜、順番ね、順番... というのは、もはや昔。


iUSBport があれば、こうなるのです:





iPhone や iPad、Android、MacBook など、今は誰でも何かしら Wi-Fi 接続できるデバイスを持っていますよね。だから、自分のデバイスからアクセスして自由にみることができる!

この写真をクリックして拡大して見てください。左の iPhone 4S では音楽を、隣りの iPhone 5 と Experia では写真を、iPad ではムービーを、この ポータブルHD に保存されている異なったコンテンツを同時に再生しています。

無線 LAN が整備されているオフィスや室内なら、どれかのマシンをサーバとしてセットすれば可能なことですが、iUSBport はアドホックモードをサポートしており、しかも、 8 台まで同時接続が可能なため、無線 LAN の環境にまったく関係なく、その場で、スモールな共有ネットワークが出来てしまうのです。


※ アドホックモードについては前回トピックを参照。

ちょっとした会合、宴会、または打ち合わせ。ファイル共有に意外と手間取ることは多いですよね。これさえあれば、もうそんな悩みは過去のもの。

USB 接続できるデバイスなら何でも OK。フラッシュメモリはもちろん、この例のようにバスパワーで駆動できる HD もすんなり共有。

バスパワー HD で可能なのは、iUSBport 自体が 2,500 mAh のバッテリーを内蔵しているからです。

ついでに言うと、このバッテリーを使って iPhone などの充電にも使えます。さすが最高峰バッテリーブランドの成せるワザか。 (^^/

 最近は HD もポータブルで小型だが、大容量のものが良く売れている。接続は USB で、バスパワーで駆動できる。そこに、写真や音楽、ムービーなど、自分のコンテンツを入れる。その総容量はあっという間に数百 GB になるから、iPhone/iPad などのローカルに入れておくのは不可能だ。だから、それらを他の人と共有しようとすると、けっこう面倒だ。

それを一気に払拭したのが、この iUSBport なのだ。これはもう、既成概念への挑戦か?

しかも、専用アプリ不要。すべてそのデバイスが持つブラウザで再生できます。

今回のエントリーでは、とりあえず何ができるかをレポートしました。次回は、実際の操作手順などをレポートします。

( MikiyaKato )


iUSBport Hyper Drive オフィシャルページ

※今回、限定数での販売なのでお早めのご購入をオススメですよ!