2014年2月27日木曜日

【HYPER++ 検証】iUSBport2 で同時 5 ストリーミング



iUSBport2 のウリの1つである「同時5ストリーミング」を試してみた。
下の写真をクリックして拡大して構成を確認されたし。
iUSBport はフル充電で給電はしていない。
上部の2つの USB ポートにそれぞれ、バスパワーのポータブルHDを装着。基本、これだけ。

で、表示デバイスとして、iPad mini, iPhone5S, iPhone5, Experia, Nexus7 を用意。



iUSBport 右側面の起動ボタンを押し、Ad-hoc モードで起動。
そもそもバスパワーの HD が2個動くのか、おっかなびっくりでやってみた。フラッシュメモリにしておけばよかったかな... と少々後悔しつつ。しかし、最も厳しい条件でテストしてこそ意味がある。
さて、表示用に用意したデバイスをそれぞれ iUSBport2 に Wifi 接続してみる。と、すべて、ちゃんとコンテンツの階層が正しく表示される。(下の写真)





どちらの HD にもムービーを入れてあるが、とりあえず、一方の C ばかりから起動していった。左の4つはストリーミング成功!だが、右の Nexus7 だけがどうしても映像表示されない...
D ドライブを選んだり、いろいろやってみたが、どうしても Nexus7 はだめだった。




それで、Nexus7 のかわりに、MacBook Air を使ったら、すんなり表示された。Experia では問題ないのだから Android がダメというわけではない。なぜか私の Nexus7 がダメだった、ということか。



さて、肝心のパフォーマンスについて。
ソースが HD だからという理由もあると思うが、5個同時にストリーミングしようとすると、どれかがカクカクしたり停止したりする。フラッシュメモリだったらもっとパフォーマンスは良いはずだ。
HD であっても、少なくとも3台までは止まることなく再生できた。これはある意味脅威だ。
最後の写真、よく見ると、右側面から給電しているのがわかる。これはなんとなくテスト中にバッテリ切れになったらいやだな、と思い、最後のほうで接続したのだが、結果的にはまったく不要だったようだ。

それにしても、5台同時ストリーミングの光景は壮観だった。
こんな小さなデバイスに電源もつながず、2台の HD を装着して独自 Wifi ネットワークで異なった複数のコンテンツを同時配信できるのだ。
何を考えとるのか、これを作った人間は。そのチャレンジ精神には脱帽、心から敬意を表します。

今回のバージョンから、Ad-hoc モードで12人つながることができ、もちろん、写真や音楽もシェアできる。いろいろなアプリと合わせて使うと無限の可能性を感じる。

屋外やネット環境のない場所でも即興で楽しめる。

しかもこれ自体が 3300 mAh のバッテリを内蔵しており、なんとなれば iPhone の予備バッテリーにもなる。

これだけの機能を備えて10,800円は安い。

彼らは「Wireless USB HUB」という表現をしている。
たぶん...   このデバイスはまだ進化の途上にある。今後 App とあいまって、ますます進化していくと思う。

(MikiyaKato)

iUSBport の公式詳細情報はこちら

ご購入はこちら