2014年6月25日水曜日

【検証】EOS Kiss X7i で iUSBport CAMERA の実力を実証




困ったことに、カメラ店を巡っていると、ムクムクと物欲が湧いてきて新しいカメラが欲しくなってきた。私は、何故かこれまで Canon が多かったのだが、今回は Nikon も視野に入れて検討した。ま、プロでもないから普通クラスので良い。



私に相応なクラスは、たぶん、

Canon X7i
Nikon D5300
Canon D70

あたりか…

X7i のコンパクトさは以前から気になっていた。しかし、D5300 と D70 には、Wi-Fi 機能が付いている。

D70 にしようかと思ったが、X7i との値段の差は7万円… この差は大きい。基本性能の差があるのはもちろんわかるが、私のレベルで判別できるほどのものだろうか... だとすると、私には Wi-Fi の有無がこの大きな価格差の最大の要因と言えなくもない

そこで考えた。X7i に iUSBport CAMEA を搭載してみるというのはどうか?この組み合わせの方が、単純計算で約4万円も安くできる。

カメラ内蔵の Wi-Fi 機能については、以前、NEX-5R でちょっと落胆した過去がある。そこで、店員さんにシツコク聞いてしまった。そして、気になったことが2点あった

1)Wi-Fi 機能搭載と言っても iPhone やスマホとの Wi-Fi 接続がやや不安定であるらしいということ。すぐつながることもあれば、なかなかつながらないこともある、と。

2)カメラからデータを転送中においては次の写真のシャッターを切ることができない。(これは致命的それから実際の Wi-Fi 転送速度の遅さ。

これらが本当だとすると、また落胆させられる。それらの恐怖心から、結局、Canon X7i にした。X7 より一回り大きく、しかし十分コンパクトで、グリップはピッタリ。


さて、この Canon X7i に iUSBport CAMERA を装着
ルックスのバランスも美しい。





さっそく iPad からアプリを起動。


まず、問題の1)の点だが、iUSBport はまったく問題なくすんなりつながる。これは何度も切っては接続をやってみたので間違いない。Wi-Fi 接続も安定している。途中で切れたりしない。





次に、問題の2)である。この点は少々不安があった。しかし、その不安は完全に払拭された。iUSBport には、

Client Mode(クライアント モード) と
Self Client Mode(セルフ クライアント モード)がある。

どちらのモードもいちいち iPhone、iPad やスマホ、タブレットに転送せず、内蔵の 4GB メモリの中に取り込まれていきバックグラウンドで各スマートデバイス(または指定のサーバ)に転送させる。従って、シャッターは押し放題。バシャバシャバシャっと連写もまったく問題なし。懸念した問題はまったくなかった。






アプリからフォーカスや露出もコントロールできる。


このあたりの機能については act2 メディアライブラリにおいてムービーをまじえて詳細が掲載されているので参照ください。


さらにすでにご存知のように、iUSBport CAMERA は単体で持って歩けば、iUSBport と同等の機能を享受できる。いざとなれば iPhone への緊急充電にも使える。

というわけで、
Canon X7i + iUSBport CAMERA の選択は間違っていなかったと思っている。

以下は、あるユーザさん(N さん)こらのコメントです。引用のご了解を頂いていますので、ご紹介させていただきます:

---------------------------------------------------------------------------------------------

「iUSBport CAMERA は Nikon 純正の赤外線コントローラーよりも感度が良く撮影でのストレスが随分と少なくなりました
また比較検討していた Nikon 純正の電波式コントローラーよりも低価格なうえに多機能なので、ヒット商品になるのではと感じております。

使用してみて二つほど改善していただけたらと思う点が見つかりました。

一つ目はカメラのホットシューへの取り付け後のロックが無いという点です。
ホットシューに取り付ける一眼レフカメラ用アクセサリーには、落下防止のロックネジやロックボタンがありますがこの商品にはありません。不測の事態に備えてホットシューロック機能は装備された方がいいと感じました。

二つ目は iPhone アプリでの縦位置画像表示が見やすくなればなぁということです。
カメラ側の設定で縦位置情報をオフにし、iPhone を傾けることで対処していますが、この対処法だと撮影後に Mac 上で縦位置に変換する手間が生じてしまいます。ワンタッチでフルスクリーンプレビュー出来るボタンがあれば、もしくはダブルタップでフルスクリーン、二本指タップでフルスクリーン解除ができたら、より快適に使えると感じました。

とはいえどちらの改善希望点もユーザの工夫で解決出来る事なので、軽く受け止めていただいて結構です。
それ以上に満足度が高い商品ですので。

N
---------------------------------------------------------------------------------------------

N さん、素晴らしい評価をくださいまして、本当に、ありがとうございました。

その後、「ホットシューへの取り付け後のロックネジ」は、箱の奥に入っていたことがわかり、一安心 (^^/




アプリもどんどん進化していますので、時々チェックしてみてください。



iUSBport CAMERA の情報は こちら 

http://www.act2.com/iusbport/iusbcamera/




- MikiyaKato
(2014年6月25日 加筆・修正)

iUSBport CAMERA 2 最新バージョン詳細!!