2014年8月10日日曜日

【検証】ポータブル ハイレゾ リスニングの救世主か、iUSBport HD



今回のトピックは、「【検証】iUSBport HD を 2TB に容量アップ!」の続編です。

前回、内蔵 HD の交換ということを検証してみました。マヌケなことに、新しい内蔵 HD の厚みをチェックし忘れ、ケースをマジックテープで巻きつけるハメになりましたが... 問題なく動いています。(余計に愛着が湧いてきました

さて、続編の主旨は、なぜ大容量可をしたかったのか... その動機です。




※お願い:
オーディオに詳しい方には、このトピックは「いまさら」感があるかもしれません、すみません、読まないで飛ばしてください。


それは、タイトルにあるように、ハイレゾ音源(=大容量)を容量を気にせず好きなだけ入れたかったからなのです。

通常、ハイレゾ音源を聞くパターンとしては、

Mac/PC → USB-DAC → 高性能ヘッドフォン 

というのが一つの定番スタイルになっています。しかし、これだけモバイルデバイスが主流になった今日、モバイルデバイスだけでハイレゾリスニングを楽しみたい、と考えても不思議はない。(実際すでに多くの方が実現されています)

ハイレゾリスニングのためには、

1)よい音源

2)よい再生装置

の両方がそろってはじめて実現されます。(あたりまえ)


再生装置としては、

iPhone + ポータブル DAC/アンプ + ちょっと高いヘッドフォン

でかなりいい線イケると思います。

問題は音源です。もっともポピュラーな形式 MP3 や AAC は「不可逆圧縮」されており、ファイルサイズは小さいのですが、その分、切り捨てている部分があります。
Apple は可逆圧縮の Apple Lossless という形式も用意しており、これはかなり十分なレベルだと思うのですが、どうせなら、「無圧縮がいい!」といったん思い始めると、その考えから逃げられなくなり、無圧縮の AIFF で保存!という路線を走りだしました。




上は iTunes での設定ですが、他のソフトウェアを使えばさらに精度の高い取り込みが可能です。
かなりおおざっぱな表現ですが、AIFF は MP3 や AAC のだいたい 10 倍くらいの容量を必要とします。iPhone に入れるとなると、例えば、今まで 1,000 曲入っていたのが 100 曲しか入らない、というジレンマに陥ります。

「iPhone で聞く時はそこまで音質にこだわらず AAC で聞け」

という考えもわかるのですが、ポータブル DAC /アンプのようなものが登場し、「いやいや、iPhone でもハイレゾリスニング OK よ」と“悪魔”がささやくのです。

で、

結局、ストレージの容量の問題になり

Mac/PC のかわりに、iUSBport があるじゃないか!と思い立ったわけです。これを大容量化すれば、すべてクリア...
Hmmm....... iUSBport2 でも可能ですが、それにまたHDを付けるとなるとメンドイ!iUSBportHD を大容量化してしまえ!と思ったわけです。

以上、動機でした。


iPhone with 好きなだけハイレゾ音源 in iUSBport HD  + ポタアン + ちょっといいヘッドフォン........



夜、Mac や PC を全てシャットダウンして、ベッドで横になり、iPhone で選曲して、聞きたい音/ 曲を聴く...

まあ、ひとつの通過点かもしれませんが、私は現在、これがとても気に入っています。
ご参考になれば幸いです。

- MK

余談:
はるか昔、ちょっとオーディオ小僧だった私も、mp3 の登場ですっかりそっちへ行ってしまい、便利さと引き換えにクオリティを失いました
小型デバイスのための mp3 形式は存在し続けるでしょうけれど、全てを mp3 にするのではもったいない、ハイレゾを聴けるのならハイレゾのほうがいいに決まっています。
いい音を「浴びるように」聴くと、なんとも言えない爽快感があります。
せせこましい現代に汲々として生きる私たちに、一時の救いを与えてくれる、と言ったら言い過ぎでしょうか。

また、音の良し悪しは個人的な好みによるところが大きいですので、本件はあくまでも一ユーザの私見としてとらえて頂ければ幸いです。

iUSBport HD 詳細・動画・ご購入はこちら

( iUSBport HDは act2 ワールドプライス・送料無料です!)




※訂正とお詫び(8月20日)

本日、Parallels Desktop 10 のプレスイベント会場で、旧来の大先輩 H 氏にお目にかかった。なつかしさのあまりつい大声を出してしまった。

しかし、さすが、師は厳しく、いわく...

「ブログの、こないだのハイレゾのトピックはちょっとちがうぞ」......

H 師は業界でも有名なオーディオマニア。

それで、わたしもハッとしました。
まさに...
私が書いた内容は CD レベルの内容であり、「ハイレゾ」とはもっとその先のハイなレゾリューションのことを言うのです。

たいへん失礼しました。目指すところはハイレゾだったので、ついその言葉を使ってしまいました。

ここに謹んで、訂正とお詫びを申し上げます。

2014/08/20
MK

余談:
師いわく:
本当のハイレゾを体験するにはヘッドフォンではダメだ、スピーカでないと。

わたし:
んなこと言えるのは何百万もするスピーカを買うことができるハイソな先輩だらでしょ!

師:
いやいや、1本5万円くらいのスピーカでいいんだよ。

わたし:
???

師:
つまり、耳では感知できない周波数でも全身の皮膚には伝わり、それが微妙に感覚として脳に伝わる、それが大切なんだ。
だから、森林浴でも滝でも鳥の声でも、大きな音じゃないよね、だけど、そこには耳だけでは感知できない周波数の音が身体全体に伝わっているんだよ、
だから、マンション住まいでも全然問題ない、大音量が必要なんじゃない、全ての周波数の音を身体全体で受け止めることが大切なんだよ。

わたしはこのロジカルな説明にとても感銘を受けました。
小さなマンション住まいのわたしはスピーカを諦めてひたすらヘッドフォンを模索していたのですが、考えが変わりました。

また一つ、楽しみができた。

H 先輩... あなたはすばらしい。感服です。